本文へ移動

貴重資料展示室

展示日:1991年11月13日
[前回] [次回]

1991年一般公開日展示

寛政暦書』 渋川景佑他編 天保十五年(1844) 写本35巻35冊

測量台の図

巻十九から二十一まではこの天明二年(1782)から幕末まで使われた浅草天文台の図をはじめとして、観測機器などが描かれている。ここでは巻十九から測量台の図を示す。

暦象新書』 志筑忠雄著

惑星・太陽の動き

『暦象新書』は、ジョン・キールの著書の蘭訳版を、長崎通詞だったこともある志筑忠雄が和訳し、さらに自分の説を加えて著述したもの。ここでは惑星や太陽の動きを示す。

宣明暦』 [吉田光由著] 寛永二十一年(1644) 刊本3冊

月の満ち欠け

宣明暦法は貞観四年(862)から800年以上使われた暦法。巻一から、月の満ち欠けを表した図。この寛永二十一年の版本は多色刷りの貴重な和本である。

『明治二十歳八月十九日日食九分九厘餘』

錦絵

この年、日本の白河から新潟にかけ皆既日食が見られた。この錦絵はおそらく東京での様子であろう。文明開化後の人々の姿が描かれている。

[前回] [次回]