月食各地予報

ご利用にあたって

日食、月食、日面経過といった現象がどこで見られるのか、時間や見え方などを自由に調べることができます。なお、実際に日食や日面経過を観察するときには日食グラス(日食メガネ)や投影板などを用意してください。太陽を直視すると失明する恐れがあり、大変危険です。


食全体の状況を眺めてから地点を選ぶ方法

その日食/月食/日面経過がどこで見られるのかなど、食全体の状況を調べることができます。

  1. 「計算内容」で調べたい日食/月食/日面経過を選んでください。
  2. 「食全体の状況を調べる」のGoボタンを押すと日食/月食/日面経過図や食全体の状況が出力されます。
  3. 地図をクリックするとその地点における食の予報が出力されます。
  4. 皆既日食や金環日食の場合、中心食帯の表も出力されます。表にある中心線のGoボタンを押すとその地点における食の予報が出力されます。

    [2002/06/10 金環日食の状況を知りたい場合]
    help_e2


あらかじめ地点を指定する方法

指定した地点における日食/月食/日面経過の状況(接食時刻・方向角・太陽の高度と方位・視半径・食分など)を調べることができます。

  1. 「計算地点」を選択してください。
  2. 「計算内容」で調べたい日食/月食/日面経過を選んでください。
  3. 「指定地点の予報をする」のGoボタンを押すと結果が出力されます。

    [2002/06/10 金環日食の東京における状況を知りたい場合]
    help_e1

補足
  • 地点の指定方法にはさまざまな種類があります。必要に応じてお使いください。
    1. 都道府県庁所在地などは選択式メニューに含まれています(⇒さらに詳しく)。
    2. お気に入りの地点を登録し、そこから選択することができます(⇒さらに詳しく)。
    3. 経緯度を直接指定する場合は「任意の地点を指定する」をクリックしてください(⇒さらに詳しく)。
    4. 市町村名で検索する場合は「市町村名を検索する」をクリックしてください(⇒さらに詳しく)。
    5. 地図を見ながら地点を指定する場合は「Google Mapsで選ぶ」をクリックしてください(⇒さらに詳しく)。ただし、ブラウザなどの環境によってはこの機能をお使いいただけない場合があります。その場合は「地図で概略位置を選ぶ」をクリックしてください(⇒さらに詳しく)。