本文へ移動

令和3年 (2021) 暦要項を発表しました!

  • 春分の日、秋分の日は、それぞれ3月20日、9月23日になります。
  • 立春は2月3日、その前日にあたる節分は2月2日となります。
  • 日食が2回、月食が2回あります。
    • 5月26日には皆既月食があり、日本では全国で皆既食を見ることができます。ただし、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では月食が始まってから月の出となります。
    • 6月10日には金環日食がありますが、日本では見ることができません。
    • 11月19日には部分月食があり、日本では全国で部分食を見ることができます。ただし、一般に北海道と東北地方北部を除く地域では月食が始まってから月の出となります。
    • 12月4日には皆既日食がありますが、日本では見ることができません。
    ※各地の詳しい予報については暦要項のほか、日食各地予報月食各地予報でもお調べいただけます。

日・月の出入り、南中時刻、高度方位など「こよみ」について調べたい

こよみ ア・ラ・カルト
今日のほしぞらフレーム版
代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。
Google Maps版もあります。
各地のこよみ(表引版)
都道府県庁所在地等の日の出・日の入り・南中時、月の出・月の入り・南中時をまとめたものです。
こよみの計算(CGI版)
各地の日の出入り/月の出入り/惑星の出入り、南中時、高度方位、夜明/日暮、月の満ち欠け・月齢など。
Google Mapsでピンポイントに地点選択することも可能です。
日食各地予報 / 月食各地予報 / 日面経過各地予報 / 惑星食各地予報
日食・月食・日面経過(太陽面通過)・惑星食がいつ、どこで、どのように見えるか調べることができます。
長期データベース:日月食等日本の暦日
長期間にわたる情報を提供しています。
こよみモバイル
QRコードを拡大 携帯端末からでもこよみの情報を調べることができます(アクセス方法)
こよみの基礎知識・話題

暦要項・暦象年表について知りたい

暦要項
暦要項は国立天文台で計算した翌年の暦をまとめたものです(官報より転載)。
国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などが含まれます。
暦要項 PDF版 一覧ではこれまで発表したすべての暦要項をご覧いただけます。
暦象年表
暦要項に加え、太陽・月・惑星の視位置、各地の日の出入りなどの暦の基本的諸量をまとめた冊子です。

理科年表について知りたい

理科年表
さまざまな自然科学のデータを網羅した理科年表は90年以上の歴史を誇る自然界のバイブルです。
定価1,400円(ポケット版)または2,800円(机上版)にて、全国の書店でお買い求めいただけます。
理科年表オフィシャルサイト [外部サイト]
理科年表に関する情報や、データの見方・活用法などを紹介しています。
ジュニア向けの『マイ ファースト サイエンス』や環境に特化した『環境年表』など関連書籍もあります。
大正14年 (1925) からの全データを網羅した理科年表プレミアム [外部サイト]もあわせてご利用ください。
理科年表コンテンツの2次利用について
理科年表/関連書籍/理科年表オフィシャルサイトの内容を2次利用なさりたい方は届出をお願いいたします。

こよみの資料館

貴重資料展示室
江戸幕府天文方などの貴重和漢書の保管・管理を図書室と共同でおこなっています。
第58回展示 「すばる」と1882年の大彗星 を追加しました。