こよみ用語解説

二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。また、閏月を設ける基準とされており、中気のない月を閏月としていた。全体を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けて、節気(せっき)と中気(ちゅうき)を交互に配している。

関連コンテンツ)二十四節気とは?二十四節気の定め方

[二十四節気一覧]
季節 二十四節気名 太陽黄経 節気名の意味
立春 (りっしゅん) 正月節 315° 寒さも峠を越え、春の気配が感じられる
雨水 (うすい) 正月中 330° 陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる
啓蟄 (けいちつ) 二月節 345° 冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる
春分 (しゅんぶん) 二月中 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる
清明 (せいめい) 三月節 15° すべてのものが生き生きとして、清らかに見える
穀雨 (こくう) 三月中 30° 穀物をうるおす春雨が降る
立夏 (りっか) 四月節 45° 夏の気配が感じられる
小満 (しょうまん) 四月中 60° すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める
芒種 (ぼうしゅ) 五月節 75° 稲や麦などの(芒のある)穀物を植える
夏至 (げし) 五月中 90° 昼の長さが最も長くなる
小暑 (しょうしょ) 六月節 105° 暑気に入り梅雨のあけるころ
大暑 (たいしょ) 六月中 120° 夏の暑さがもっとも極まるころ
立秋 (りっしゅう) 七月節 135° 秋の気配が感じられる
処暑 (しょしょ) 七月中 150° 暑さがおさまるころ
白露 (はくろ) 八月節 165° しらつゆが草に宿る
秋分 (しゅうぶん) 八月中 180° 秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる
寒露 (かんろ) 九月節 195° 秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ
霜降 (そうこう) 九月中 210° 霜が降りるころ
立冬 (りっとう) 十月節 225° 冬の気配が感じられる
小雪 (しょうせつ) 十月中 240° 寒くなって雨が雪になる
大雪 (たいせつ) 十一月節 255° 雪がいよいよ降りつもってくる
冬至 (とうじ) 十一月中 270° 昼が一年中で一番短くなる
小寒 (しょうかん) 十二月節 285° 寒の入りで、寒気がましてくる
大寒 (だいかん) 十二月中 300° 冷気が極まって、最も寒さがつのる

雑節

二十四節気を補う季節の移り変わりの目安として、雑節(ざっせつ)がある。土用、彼岸は入りの日付けを示す。

[雑節一覧]
雑節名 太陽黄経 説明
土用 (どよう) 27°,117°,
207°,297°
太陰太陽暦では立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を指した。最近では夏の土用だけを指すことが多い。
節分 (せつぶん) - 季節の分かれめのことで、もとは四季にあった。立春の前日。
彼岸 (ひがん) - 春分と秋分の前後の3日ずつの計7日のこと。初日を彼岸の入り、当日を中日(ちゅうにち)、終日を明けと呼ぶ。
八十八夜 (はちじゅうはちや) - 立春から数えて88日目をいう。霜が降りることが少なくなる頃。
入梅 (にゅうばい) 80° 太陰太陽暦では芒種の後の壬(みずのえ)の日。つゆの雨が降り始める頃。
半夏生 (はんげしょう) 100° 太陰太陽暦では夏至より10日後とされていた。
二百十日 (にひゃくとおか) - 立春から数えて、210日目の日。