本文へ移動

貴重資料展示室

第14回常設展示:1995年11月1日〜1996年2月28日
[前回] [次回]

暦(3) 江戸時代から現在まで

貞享二年(1685)の貞享暦施行以後、暦は江戸幕府天文方の作るものに統一された。幕末までの間に暦法は貞享暦宝暦暦寛政暦天保暦と変わっていったが、いずれも太陰太陽暦法であった。

時代は明治に移り、鎖国が解かれて西洋諸国との交流が多くなると、太陰太陽暦である天保暦では何かと不便が生じるようになっていた。しかも、この暦では明治6年には閏月が入って1年が13か月となるため、月給制を採り入れていた明治政府にとっては1か月分多く給料を支払う必要に迫られた。そこで、明治五年十一月九日、同年十二月三日を明治6年1月1日として太陽暦を採用するというおふれを出し、これらの問題を一挙に解決することにしたのである。発表からわずか20日ほどでの改暦とはあまりにも急な話であり、大きな混乱を招いた。

明治維新で天文方が消滅した後、暦の編纂部署はめまぐるしく移り変わることになった。ようやく明治9年になって内務省に落ちついた後、最終的には明治21年に設立された東京天文台へ引き継がれた。一方、暦の出版についても紆余曲折はあったが、明治16年には内務省の管轄下にあった伊勢神宮が担当することになり、昭和20年の終戦までこの関係が続いた。

その後は、編纂・出版ともに東京天文台(現在は国立天文台)が行うことになり、今日まで『暦象年表』として出版されている。

文化十五年(1818)伊勢暦

伊勢暦

明治33年(1900)本暦

本暦1 本暦2
[前回] [次回]