本文へ移動

貴重資料展示室

第19回常設展示:1998年5月6日〜1998年10月24日
[前回] [次回]

測量と天文

江戸時代初期、幕府は諸大名に命じて自領の地図である国絵図を作らせた。ここで活躍したのが町見術(ちょうけんず)、すなわち土地の遠近高低を測る測量術である。日本の町見術は、中国伝来の算術を用いた手法に、天文観測を含むポルトガル流の航海術やコンパスと定規を用いるオランダ流の測量術を加え、独自の進化を遂げていった。その代表たる清水貞徳の町見術は規矩術とも呼ばれている (規はコンパス、矩は定規のこと)。

松宮俊仍(まつみやとしつぐ) (1686-1780) は兵学者だが、規矩術も研究し『分度余術』を著した。下巻では、日尺(航海用アストロラーベ)で太陽の南中高度を測り緯度を求める日晷測法(にっきそくほう)や、星尺(四分儀)で北極星の高度を測り緯度を求める星度測法などが説明されている。

また、伊能忠敬と同時代、今の富山地方で、和算家で測量術を研究し、天文暦術を学んだ石黒信由(いしぐろのぶよし) (1760-1836) によって表わされた『渡海標的』では、象限儀で北極星の高度や太陽の南中高度を測り、緯度を求める方法が示されている。信由は忠敬による北陸地方の測量にも同道している。

長久保赤水の『日本輿地路程全図』や世界的にも評価の高い伊能忠敬の日本地図完成の背景には、このような測量術の歴史や地方測量家の存在があったのである。

『分度余術』 松宮俊仍著 享保十三年(1728)自序 写本3巻6冊

分度余術1 分度余術2

渡海標的』 石黒信由著 天保四年(1833)自序 刊本1冊

渡海標的1 渡海標的2
[前回] [次回]