本文へ移動

貴重資料展示室

第18回常設展示:1997年11月5日〜1998年5月6日
[前回] [次回]

測地

正確な日本地図は伊能忠敬 (1745-1818) の長年の実測によって完成された。この地図はシーボルトの『日本』に紹介され、ヨーロッパの人々を驚かせた。

伊能忠敬は、江戸幕府天文方寛政の改暦を主導した高橋至時(たかはしよしとき) (1764-1804) に天文学を学び、終生至時を師と仰いだ。至時と忠敬の仕事の一つは観測によって緯度1度の正確な距離を測定する事だった。至時の死後は、その息子で幕府天文方を継いだ高橋景保(たかはしかげやす) (1785-1829) の指導を受けた。忠敬は日本全国をまわり、星の観測から緯度を決め、測量によって極めて精密な地図を作り上げた。1821年に完成した忠敬の地図は幕府によって秘匿されたため、明治になるまで人々の眼に触れることはなかった。

代わりに明治初期まで長く使われていたのは「赤水図(せきすいず)」と言われている長久保赤水(ながくぼせきすい)の作製した地図である。『日本輿地路程全図(にほんよちろていぜんず)』は初めて緯度線と方角線を表わした地図であった。何度か改版され、後には海路や里程 (距離) も加えられた。長久保赤水 (1717-1801) は現在の茨城県の人で、天文学・地理学にも通じていた。著書に天文学の入門書である『天象管闚鈔』、『長崎行役日記』などがある。

大日本沿海実測録』伊能忠敬著 高橋景保序 明治三年(1870)出版 刊本14巻

大日本沿海実測録1 大日本沿海実測録2

伊能忠敬の測量値が沿海・街道・湖沼・島ごとに詳しく書かれており、文政四年(1821)の伊能忠敬の序、同じ文政四年の高橋景保の序がある。景保の序によると『大日本沿海實測全図』は大図が30幅、中図2幅、小図1幅、附録14巻で構成されている。附録にあたるこの本には、地図作成に使われた土地土地の里程、極高度 (緯度) の値が記されている。

この本は明治になって出版され、大学南校 (東京大学の前身) の罫が使用されている。なお、国立天文台所蔵本は14巻のうち、巻三と巻十一が欠けている。

地勢提要』 高橋景保編 文政七年(1824)自跋 写本1冊

地勢提要1 地勢提要2

日本各地の極高 (緯度)・京師 (京都) にあった改暦所を基準とする経度・日本橋からの里程がまとめられている。北は宗谷から鹿児島種子島、八丈島、隠岐。江戸の場所はその頃天文台が置かれていた浅草の測量所 (浅草天文台) と伊能忠敬が住んでいた深川黒江町の場所が示されている。浅草測量所の極高が三十度・・・となっているのは写し違いかもしれない。その他、沿海周廻里程、郡・村・島等のかわった名が記されている。この『地勢提要』は伊能忠敬の測量による数値であることを、後書きで高橋景保が述べている。

『新刻 日本輿地路程全図』 長久保赤水著 安永八年(1779)出版 刊本1舖

新刻日本輿地路程全図

この地図は長久保赤水が直接、観測・測量をおこなって作った地図ではなく、渋川春海の緯度測定値などさまざまな資料を比較検討し、赤水自身が踏査した結果も加味して作図したものだという。地図は、松前南部 (北海道南部) から薩南鬼界島 (鹿児島県の奄美群島にある喜界島か)、八丈島におよび、街道、城下、宿場、寺社、山岳、河川、湊、島などが記載されている。

[前回] [次回]