本文へ移動

暦Wiki

ユダヤ暦

ユダヤ暦の決定法

年初=Tishrei 1日の調整ルール

  1. 年初のmoladが日曜・水曜・金曜にあたる場合は、年初は翌日に延期します。
    • 宗教的な行事と安息日がかち合わないようにするための処置です。
  2. 年初のmoladが18 hr 0 hk、すなわち正午より後の場合、年初は翌日に延期します。
    • 先のルールにより、翌日が日曜・水曜・金曜にあたる場合はさらに翌日に延期します。
    • これはmoladが夕方に近すぎて、まだ月は見えないということを反映したルールです。
  3. 平年かつ年初のmoladが火曜日の9 hr 204 hk以後の場合、年初は翌水曜日に延期し、さらに最初のルールにより木曜日に延期されます。
    • 翌年の年初のmoladは土曜日の18 hr 0 hk以後となり、先のルールで月曜日まで延期されます。これでは1年が356日となってしまいますから、それを防ぐために延期します。
  4. うるう年に続く平年かつ年初のmoladが月曜日の15 hr 589 hk以後の場合、年初は翌日に延期します。
    • 前年の年初のmoladは火曜日の18 hr 0 hk以後となり、先のルールで木曜日まで延期されます。これでは1年が382日となってしまいますから、それを防ぐために延期します。

関連ページ